沖縄のビーチ・お食事処・ホテルなどの観光スポット情報と穴場情報が満載!沖縄雑学 泡盛(あわもり)

沖縄満足タイトルバー沖縄満足タイトルロゴmenuボタンTOPmenuボタン楽しむmenuボタン食べるmenuボタン泊まる

沖縄の美しいビーチや、琉球文化が生んだ沖縄料理お食事処、リゾートホテルやドミトリなど宿泊施設をご紹介!地元の人だけが知る穴場スポット情報も満載!


沖縄雑学ロゴ

沖縄観光に来てわからなかったり不思議なことはありませんか?沖縄には独特な文化や歴史、見たことない物が盛りだくさん!

観光以外でも沖縄に興味津々のあなたは沖縄雑学でお勉強してみませんか?

沖縄雑学で沖縄の歴史と文化を学んでみよう!




□泡盛(あわもり)って焼酎なの!?


泡盛(あわもり)は、琉球王国が中国や東南アジアとの交易が盛んだった14世紀中期〜15世紀中期に、シャム(現在のタイ)から入った「ラオロン」を祖とすると言われている日本最古の蒸留酒です。

琉球王朝時代、中国や日本への献上品として珍重された王府の御用酒でした。また、17世紀頃には江戸や上方に薬用酒として出回ったと言われています。
焼酎が主に「白麹菌」を用いるのとは対照的に、「黒麹菌」を用いて100%米麹だけで発酵させた蒸留酒となります。
焼酎には単式蒸留で造られる乙類と、連続式蒸留で造られる甲類があり、泡盛(あわもり)は乙類に属するためチューハイ等に使われる焼酎甲類とは成分や香りが異なります。

寛文10年(1671年)、尚貞王より将軍家家継への献上品の目録に初めて「泡盛(あわもり)酒」という名称が現れます。これは、薩摩藩が泡盛(あわもり)を他の焼酎類と区別するために使ったと言われ、その由来としては次の様な説が挙げられています。

『粟説』
現在の泡盛(あわもり)はすべて米によって造られていますが、かつては粟でも造られていました。原料に粟を使用していたことから「粟盛」と呼ばれ、それが「泡盛(あわもり)」と変わったとする説。
『泡説』
まだアルコール度数計というものが無い頃、お酒を柄杓により容器へ注ぐ際の泡立ち具合を見て、度数を判断していたと言われています。
この計り方の呼び名「アームイ(泡盛る)」が転じて「泡盛(あわもり)」となったとする説。

泡盛(あわもり)の特徴としては、硬質のインディカ米を原料とし、沖縄独特の黒麹菌を製麹、発酵させ蒸留するということが挙げられます。
また、他の蒸留酒と同様に、長期間貯蔵させることで熟成しますが、泡盛(あわもり)が世界的に知られることとなった背景には、瓶に詰めたままでも熟成が続くということからです。
3年以上貯蔵したものを「古酒(クース)」と呼び、その芳醇で上品な香りとまろやかさは多くの人々に愛され、琉球王朝時代にはそれこそ貴族しか飲めない貴重な酒だったのです。


backボタンTOP

web master OKINAWAJIN
Copyright OKINAWA MANZOKU All Rights Reserved
沖縄満足タイトルバー